教育業界向けサービス概要

学生や入学志望者とのコミュニケーション課題をLINEで解決するサービスパッケージを提供しています。
CN EdTech
LINE公式アカウントとCNEdTechを活用し、学生の募集から入学まで一気通貫で運用可能。

10代のLINEアプリ利用率は今や95.7%(※1)になりました。それにともない、教育事業者がLINE公式アカウントを開設して学生とのコミュニケーションを活発化する動きが広がっています。
クラブネッツは、LINE公式アカウントの機能を拡張するサービスパッケージ「CNEdTech」の開発により、教育機関のLINE公式アカウントを通じて学生や入学志願者にオープンキャンパス予約、説明会後アンケート、問い合わせ対応(AIチャット)などの機能を提供できるようになりました。これにより問い合わせ対応の簡略化やイベントの告知コスト削減など、様々な課題を解決できます。 ※1 総務省「令和元年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書概要」

クラブネッツはLINEの法人向けサービスの販売・開発パートナーとして販売代理、技術支援、2つの領域で認定
クラブネッツの持つ技術力・サポート力を活かして、環境構築から導入支援、日々の運用サポートやコンサルティング業務までお任せいただけます。
CNEdTechのデモを、お手元のスマートフォンでご覧ください。

教育業界の課題

CNEdTechには、教育業界で発生する様々な課題の解決をサポートするために必要な機能が用意されています。
CNEdTechなら学生の集客から情報取得配信からスケジュール調整まで、一気通貫で運用が可能!

CNEdTechでできること

CNEdTechが用意する様々な機能・サービスを活用することで、学生や保護者向け、または入学希望者へのアプローチ手段が拡がります。
phone

広告・集客

年齢や地域の絞り込みんだ上で、「LINE」内に広告を配信することができます。
学生の年齢や学校地域に合わせ、オープンキャンパスなどの広告を出稿することができ、そのまま学校アカウントへの誘導も可能です。

phone

お知らせ配信

LINE公式アカウントを通じて学生・保護者への情報配信ができます。また、オープンキャンパス前のリマインド配信やアンケートを取得した情報をもとにセグメント配信も行えます。

phone

チャットボット

LINEチャットボットを活用し、学生からのFAQ(よくある質問)を自動で返答。学生から問い合わせ対応の負荷を軽減できます。

phone

アンケート

任意のアンケート項目を簡単に作成し、LINE公式アカウントを通じて学生から性別、年齢、居住地、志望状況等の情報取得ができる。取得した情報をもとにセグメント配信が可能です。

phone

カレンダー予約

予約フォームを利用し、学生から簡単にイベントや施設利用などの予約を取得可能です。
管理者は、時間や空き枠数をカレンダー単位で設定可能で、オープンキャンパス、説明会等に活用することが可能です。

phone

リッチメニュー

LINE内で、各コンテンツに誘導できるリンクボタンを設定し、問い合わせを受けたり、HPに誘導できます。また、通常LINE公式アカウントでは6マスまでしか設定できないボタンを、CNEdTechを導入することで、最大20マスまで設定することができるため、学生に見てほしいコンテンツを最大限に訴求できます。

上記機能は、CNEdTechが提供する専用管理画面で利用できます。

クラブネッツのサポート

ご契約後、当社で、LINE公式アカウントと連携する本プログラム(CNEdTech)の環境を構築し、導入支援と運用サポート・コンサルティング業務を実施します。また、定期的なMtgを開催し、課題点の洗い出しから対策を行う運用サポートを提供します。下記にない項目についても、協議の上柔軟に対応可能です。

初期設定

・環境設定(AWS)
・本プログラム(CN EdTech)の構築
・LINE公式アカウントとの連携

初期設定

・導入説明(訪問 / 遠隔)
・ツール(マニュアル)提供
・チャットボット事前登録
・チャットボットシナリオサンプル提供
・配信コンテンツの提供

初期設定

・管理画面設定サポート
・運用ミーティング
・事例共有
・効果検証

導入事例

導入事例は近日公開予定です。
クラブネッツは、学校法人のLINE公式アカウントを運用するノウハウを積み上げています。
あらゆる側面からサポートいたします。